読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日からアル戦新シリーズ☆

アルスラーン戦記の風塵乱舞編が今日から始まった!あんまり面白かったので録画で五回くらい見てました。殿下が非常にりりしくおなりでした…!!

 

以下、感想とかツッコミとか、思ったことを書き殴ってます。ネタバレしまくりです。アニメだけでなく、小説も最新刊までネタバレする可能性がありますので、何でもOKな方のみどうぞ。

また、私は王太子殿下と過保護な黒騎士殿が特に好きなので、この二人を贔屓した感想になると思われます。アズライールパイセンも大好きだけど、さすがにそれ程出番多くないからなあ^^;

 

 

 全体の感想:
・駆け足気味に各勢力の現状を紹介された感じ。アルスラーン軍以外はかなりダイジェスト。だって話数たった八話に征馬孤影が丸々と、風塵乱舞まで(これも多分ほぼ全部と思われる)入るんだよね?そりゃダイジェストにもなるわ…
・穏やかで麗しい殿下と、戦場で猛威を振るうマルダーンフ・マルダーンと、今シーズンかなりクローズアップされるであろう画家殿だけは外せないらしく、結構尺を割かれていた。嬉しい^^*
・銀仮面殿がどんどん苛烈なお人になっていく。先シーズンの登場当初はもうちょっと冷酷で理性的な振る舞いが多かった気がするけど、聖マヌエル城で黒衣の騎士殿と五分五分だったのがよっぽどプライドを傷付けたのかな?イリーナ殿と会った時の描写が見ものです。
アバン:
・魔道師が言う、銀仮面卿はもうちょっと賢いと思ってた説は分からなくは無いけど、実際この人ってとんでもなく感情に左右されるタイプだよ…?基本的に復讐心でしか動かないし。特に小説第二部になって以降は、イリーナ殿が亡くなったせいか手が付けられない程苛烈なお人柄になられていますね。
ダリューン卿の本日の「殿下ー!」頂きました!CMで流れてた殿下コールはこれかな?(セコム黒衣の騎士殿は大体いつも殿下殿下言ってるので、本当にこれかどうかは比較しないと分からない)
・今日も安定のイケメン、アズライール。
・おお!久々に新規の戦闘シーンが見られるとやっぱり熱い!
・小説通り、ジムサが若い。アルフリードと同じかもう若干年上程度に見える。特番でもイケメンって言われてたっけ。
・特番のせいでイルテリシュと聞くとイルテリンしか出てこない。小説のせいでイルテリシュと聞くとヤバい人にしか思えない。
ダリューン卿の弓術、久々に拝見させて頂いたぞ!(何故黒羽じゃないのか…?何故か一期の頃からそうだったし、何なら荒川版の漫画でも白羽だけど、小説の黒衣の騎士殿は矢まで黒で揃えてるんだよなあ)
・初期の殿下はあんなに弱々しかったのに、まさか今期の初登場ではこんなに風格あるとは…半年しか変わらない、同じ十四歳の子だとは思えない!!
OP:
・今回のOPは特にカッコいいぞ!タイトル部分が白系の背景なのは珍しいかも。
二人ずつでフレームインするシーンが続く所で、何故かダリューンとグラーゼがペア。小説では、この二人は挨拶くらいしかしてなかったような…?
・…と思ったが、もしかしてこれって余り組みか?という結論に行き着いた。ダリューン卿は殿下や悪友の画家殿との絡みは多いけどそれ以外は意外と会話シーンは少ないし、グラーゼも原作ではダリューンと挨拶がてら話した以外は主に殿下やナルサスと絡んでるし、ナルサスは今回はシャガードの話に掛かりきりだし。だから殿下とのペアを作らないなら、必然的にダリューンとグラーゼが余っちゃうのかも?7月10日訂正:OPじゃなくてEDでした。しかも二人ずつじゃなくて二~三人ずつ。どうして間違った…;;;

・船上での戦闘シーンが素晴らしい、素晴らしすぎる!立体的な地形をカメラがぐるぐるして、キャラが綺麗に立体で動いて(しかも見下ろし構図含めて!!)、まるで3Dムービーが売りのゲームみたい^^*ファランギース殿が目をやった先でダリューン卿が飛び降りてる船は、グラーゼ船長の勝利(ピールズイー)号かな?
・手を広げる殿下が素敵。その上を飛ぶアズライールも相変わらず良い絵です。
・酒場で机に腰掛けて杯を持つダリューン卿、似合いすぎ。そういえば、この人はクバード卿の次くらいにお酒が似合うと思うんだけど、そして実際に小説版では度々飲んでるけど、アニメではなんか飲んでるシーン少ない気が…(それより肉食べてるシーンが多いような)
Aパート:
・イルテリン殿と戦うダリューン卿が豪快で見ていて楽しい。新シーズンの一話目というのもあってか、今日は戦闘シーンが本当に素晴らしかった!!
・ん?親王、父上が討たれた件は黒衣の騎士に言わなくてもいいのかい?
・ジムサの身の軽さがなかなか凄い描写。馬の上での細かいジャンプは確か今まで誰もやってないから、凄く新鮮。
・「ほらふきクバードか!」でリアルに吹いたw不意打ち過ぎるw同僚で後輩のダリューンキシュワードはかっこいい二つ名なのに、クバードは隻眼の獅子とは言って貰えない^^;いや、それがこのキャラの面白いところだけどね!
・久し振りだからか、皆で並んだシーンに身長が微妙に変な人が何人かいる気がする。特にクバード卿がでかい。いや、元々この人はでかいけど、ダリューン卿と比べても頭一つ分近くでかいものなのか?
・因みに私の中のイメージでは、殿下150~160cm位(王都奪還の旅の一年位でその位まで背が伸びたという想像)、ダリューンとかキシュワードが180~185cm位、ナルサスが180cm弱、クバードは190位か?という感じでした。
・殿下は後からかなり大きくなるけど、最初は線の細い頼りない子だからあまり大きくないイメージ。ダリューンキシュワードは原作でもかなり大柄と言われていて、特にダリューンはよく他の人物との体格比較に使われてる。(明確に彼を抜いたのはバハードゥルくらいか?)クバードも大きいといわれてるし、大剣を使ってる事が多いから相当大きい筈なのでしょうきっと。ただ、それを言えばダリューンも戦斧やら長槍やら大剣やら、重い武器ばっかりなのは同じなんだよなあ。
・殿下、ペシャワールまで一度も眠れなかったのか…相変わらずアニメ殿下は繊細なお方でいらっしゃる。(アニメ版はそこが可愛い!)
・デマヴァント山が綺麗すぎる…小説版で描かれてるこの山って、この世のものじゃないというか、地獄の入り口みたいな感じだったよね?
・宮廷画家殿と流浪の楽師殿のキラキラ、出たー!

Bパート:
・布告を出すわけでもなく、聖職者も連れてこずにお墓開けちゃってるんだから、さすがに墓荒らしですよヒルメス殿下…。そういえば小説で陛下の命でアンドラゴラス王のお墓を掘る時、部下達にダリューン殿が「祟りがあれば俺が引き受ける」って言ったのが滅茶苦茶かっこよかったなあ。あのお方はそういう所が、若くとも部下達に信頼されるんだろうなと思います。
・今日のギーヴは台詞も戦闘動作も冴えてる。実に輝いている。見ていて気持ち良いね!宝剣を「ただの骨董品」と言い放つこの不遜さはさすがギーヴ殿だ!
・デマヴァント山に聖堂騎士団(テンペレシオンス)が出てくるだと…?ただでさえこの辺りは原作でも込み入ってるのに、アニメは更にややこしくなってるぞ!?
・原作通りの、宝剣をザンデが地割れに投げ込むシーンが見たかったなあとは思うけど(あのシーンでザンデの真の良さを見たと思うのです)、こういうドタバタな展開も面白そうですね^^
・でも地震が起きないって事は、ドン・リカルドはどうなるんだ?パラフーダがいないと十六翼将揃わないぞ?
・ギスカール殿下キタ!この人結構好きです。と言っても、アルスラーン殿下とダリューン卿には到底及ばないけどね!
・ギスカールが剣を抜いてる。そういえば、この人は未だ原作でも一度も剣を振っていないような?
・エトワールの許可証が、キャラの紋章だった。これ、販促用だけじゃなくて作品中にまで反映してたんだ?
・「何が起きているんだ」この疑問を持つ辺り、エトワールは教養が低いのかと思えてしまう。いくら王弟殿下人質の件を知らないにしても、それ以前に住民はそもそも下手に出歩けないでしょうよ、あれだけ掠奪三昧されてるんだから。でも、エトワールって伯爵に目を掛けられてるから、無学っていうのは変だと思うんだけどな…
・アズライールと遊ぶ殿下が無邪気でキラキラしてて麗しい。アニメ版は、殿下のこういう歳相応な姿が沢山見られるのが良い所。
ED:
・殿下の仲間が段々増えていく描写、良いね!最初はダリューン一人だったのが、今ではこんなに。だからこそその直後の、征馬孤影の辺りの父上に追い出されたシーンらしき描写が際立ちます。辛いシーンにも見えるけど、やっぱ殿下って芯は強いのよね…!!
・あと、殿下が走ってるシーンの新衣装のダリューン卿の絵がなかなか良いと思う。それと、ダリューンにしては何となく綺麗めに寄ってる気がしますね。
・今回の殿下の新衣装、凄く凄く良いと思います。やっぱりこのお方は白が似合う!!
次回予告:
・トクトミシュが予告に居た事だし、それに話数から考えると、きっと次でトゥラーンは退場だよね?黒衣の騎士vsタルハーン卿の戦いを早く見たいです^^
・イルテリンさんがどうなるのか今から気になります。小説ではこの人の今後はかなり重要な問題だからなあ。出来れば漫画もアニメも、小説二部の終わりまで続けて欲しいなあ…!!(寂しい話ではあるけど、小説の終わりもちゃんと見えてる事だし!)
エンドカード
・エトワールに完全に同意。うん、あの猛獣みたいな父親と繊細で可憐な殿下を並べても、どう贔屓目に見ても親子には見えないよねw
・エトワールの意見に困ってる殿下。これがいつ頃の殿下という設定なのか気になる所。アンドラゴラスが実父だと信じてる頃なのか、疑いを持ってる頃なのか、実は全部知ってからの頃なのか。それによってこの苦笑の意味が全然変わっちゃう。
・こっそりいるアズライールが可愛い。あの位の告死天使、私も部屋に置きたい。