読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アル戦第六話!ちょっと久々、踏んだり蹴ったりギスカール!頑張れ王弟殿下w

昨日はピカチュウたちに会いにお出かけしていたので、アル戦アニメ感想は一日遅れでございます。遅れたけど愛はたっぷりあるのよ☆

今シーズンも遂に六話目…あと二回で終わっちゃう!毎週大事に見てるけど、それでも終わっちゃうの寂しいっ><
次回放送日は私は実家に帰ったり色々なので、わたわたしてて放送日には見られないかもしれない^^;まあ、幸いアル戦は見逃し配信があるし、実家では出来ないけど自宅では録画するから、見られないという事態は起こらなくて助かるのですが。
皆の夏服、もっと見たかったんだけど、さすがにギラン編終わっちゃったら着替えちゃうよね…。まあ、元の衣装も好きだけどね!それはそうと今期のアルスラーン殿下、第二期の情報公開し始めの頃に出ていた絵で着ていた、甲に爪みたいなのがついた金色っぽい鎧、今の時点ではまだ一度も着ていませんね。てっきり今期で着るのかと思っていましたが。ギランを出る頃に着るのかな?

そんなこんなで、いつものようにアニメ感想とかツッコミでも。
例によってネタバレしまくりです。アニメだけでなく小説も最新刊まで、漫画も最新話までネタバレする可能性がありますので、何でもOKな方のみどうぞ。そして私は王太子殿下と過保護な黒騎士殿が特に好きなので、この二人を贔屓した感想になると思われます。

 


【全体の感想】
・今日はしばらくスルーされていたルシタニア編ですね。ルシタニア編だと、ギスカールが中心に描かれる事になるのね。
・今日のメインディッシュはズバリ!腹黒だけど不憫な王弟ギスカール殿下だっ!

【アバン】
・ボダンの用水路破壊設定、アニメでも生きてたんだ!?てっきりスルーされてると思ってた…;
・相変わらず不憫なギスカールwぐうたら兄者が国王やっていても、ギスカールが実権を握ってからも不憫。ボダンが城内にいても、出て行っても不憫。本当に、どこまでいっても運の無いお人だ^^;

【Aパート】
・イノケンティスは幽閉されて可哀相ではあるんだけど、どうも自業自得に思えるんだよなあ。
・イノケンティス、弟自らの命によって幽閉されてるのが分かってない。。。一体何年兄弟やってると思ってるんだこの人;;;
・小説でもエトワールは政治に無知で無謀なキャラだったけど、アニメで人を頼ろうとせずに城壁をよじ登ったりしている姿を見ると、余計に無謀さを感じますね。正式な騎士ですらない見習いが上層部に直談判だなんて、さすがに…。どうして、なんとかして伝手を作ろうとしなかったのでしょうか?バルカシオン伯爵は確か小説でギスカールにも名前を覚えられていた訳だからそれなりに有力な人だったんだろうし、やろうと思えば伯爵の伝手を探す手もあっただろうに。。。
・アニメのギスカールは、小説よりは若干行動がガサツな印象ですね。まあ、映像化された事でボダンの狂い具合やイノケンティスの役立たず具合がより際立った事だし、ギスカールもそりゃあイライラしますよねw本日も激おこギスカールw(前シリーズのエンドカードネタ。アルスラーン殿下来日ニュースのやつ)
・ミリッツァ殿、出来れば荒川デザインで見てみたかったなあ。こういう芯の強そうな女性は、荒川先生のデザインで見れればきっと映えると思うのですが。。。
・イリーナ姫、お優しい人だけど戦や策略はからっきしだから、敵討ちの方法も衝動的なんですよね。さすがに普通の王族は(イノケンティスを除いて)ある程度剣術くらいは嗜んでるご時勢だろうに、いきなりギスカールに斬りかかるよりも、さすがにもうちょっと何か方策あっただろうに。
・今回のギスカールは不憫な部分と腹黒い部分とがいつもより余計に出ていますねw
・イノケンティス殺害未遂事件でエトワールを気絶させたのはボードワン…って、何でそんな下っ端にやらせれば良さそうな事してるんですかボードワン将軍!?
・「仕損じた」って、イリーナ姫、目瞑りながらそんな大人しい声で言われると、イリーナ姫にしては冷たい感じがするってば!怖いってば!!
・そしてイノケンティスの方も、盲目で細身の女性一人相手にビビる一方で剣を取り上げる事すら出来ないとは…というか、臣下を呼ぶ事も思いつかなかったのか!?

【Bパート】
・兄者の命が皮下脂肪に救われたと知った瞬間のギスカールの顔は、今までのギスカールの表情の中で間違いなくMVPだった!!いつになくぶち切れる寸前のあの顔、ギャグ顔寸前のあのギリギリ感が凄いwシリアスシーンだというのに←
・イリーナ処刑の危機にタイミング良く現れるヒルメス殿下。この時ばかりは珍しく、正統派ヒーロー(?)やっていますね!この人って信念が強くて人望も(偏ってはいるが)ちゃんとあるから主人公の素質ありそうなものだけど、あのお優し過ぎる天然人たらしのアルスラーン殿下と、黒系の見た目と、過保護癖を除けば文句の付けようのない、今どき珍しい位の正統派ヒーローのダリューンが存在してしまっている事だし、どうしてもダークヒーローになってしまいますね。アル戦は時代が時代だから、アルスラーン党派がいなければこの人もきっと、ダークヒーローと言う程の扱いにはならなかっただろうに…
・そしてこの時ばかりは正論でスマートなヒルメス殿下。確かに他人に罪をなすりつけようとしたギスカール(しかも失敗した)は恥曝しにも程があるもんなあ!
・メルレインよ、アルフリードは確かに色仕掛けで王子をたらしこみはしないけど、王子の方も色仕掛けでたらしこまれる人じゃないぞwそれどころかその王子、十八歳になってもあんまり女性に興味を持たなくて、周囲に心配されるくらいだぞw
・エトワール、ちゃっかりメルレインの馬に乗せてもらおうと言いくるめたなあ。アルフリードと言いエトワールと言い、押しかけが好きだなあw
ダリューン卿の海賊への尋問シーン、省かれちゃった。。。漫画の方に期待しますか…(;A;)しかし皆が何となく整列している感じのシーンなのに、彼だけ殿下の前にいましたね。多分彼が殿下に言上していたからではあるんだろうけど、相変わらず「誰でもいいから殿下との会話シーンが欲しかったら、とりあえずダリュ置いとけ」な感じですね。ダリュ好きなので嬉しいですとも^^*
・金貨と聞いた瞬間のギーヴの顔は過去最高の輝きですね☆あの嬉しそうな声の弾み具合がまた素晴らしい!
・決別した筈のシャガード、何故王太子府にいる!?しかもまた物陰だし…

【次回予告】
・あれ?次回予告どこいった?前回も無かったと思うんだけど…;

エンドカード
・殿下とダリューン卿とアズライール!この組み合わせであの背景に服装だと、前シーズンを思い出しますね。背景的にアトロパテネっぽいと思ったけど、アトロパテネでこの組み合わせが揃うシーンは無いんだよなあ。殿下と告死天使、若しくは殿下とダリュならあるんだけど。。。