読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーマーなあなた、ゲーム機は何台持っているのかな?

つい最近、会社で通っている英会話クラスで聞かれてそういえば気になったこと。それがこのタイトルです。その時は、正確に数えるのが面倒(子供の頃に買ったものはほとんど全てが弟との共有なので、カウントしにくい)だったので、ちょっと誤魔化して、今現在「実家に置いてあるものは計算せずに、手元にあるもの」だけを計算して答えたのです。そうしたら、

Wii(大学生活開始に合わせて購入したもの。色はホワイト。人生初の、自分専用の据え置き機でした☆)
WiiU(ロンチで欲しいけどプレミアムは黒しかない、きっとしばらく待てばプレミアムでも白がリリースされるんだろうけど、でもロンチで欲しい…と悩んだ末の黒でした。でも黒も素敵だよ!テレビが黒なのだし、隣に置く分にはやはり黒の方が馴染みます)
PS4(アル戦無双のためだけに買っちゃった♪ついでにアル戦無双版のベイカバーに換装し、完全にアルスラーン仕様です。しかしこれを買った直後にDVDプレーヤが故障したので、これが無ければ私は今頃DVD難民でしたw)
GBAポケモンサファイアと同時購入。カラーは白。ほぼ全ての色をちゃんと再現できるレベルまで進化したグラフィック、8bitよりも大幅に表現力の広がったサウンドに感動した事は、今でも忘れられないです。8bitを知っている時代に生まれて本当に良かった^^*)
初代DS(初期型のシルバーのやつ。あのおもちゃっぽい形状が好きなのだけど、最近の携帯機はスタイリッシュになってしまったので、マイナーチェンジ以外でおもちゃっぽかった今の所最後の任天堂機として結構貴重な存在だと思ってます)
DSlite(カナダに留学した時に記念で買った、北米限定コバルトブラック!!liteはDSシリーズの中では最も小さく軽く、音量や明るさ調整などの細かい部分も扱いやすく、快適にプレイするという意味では最高傑作だったと思っています)
DSi(どうしても欲しかった黄色!GBC時代の黄色が好きだったのに、近年はあまり黄色がリリースされないのです。。。)
3DS(初期型のアクアブルー。任天堂機としてはかつて考えられなかった程の美しい本体、開発スタッフの方々のこだわりがよく分かります。ゲーム機にここまで必要なのか?と思うくらいの綺麗なグラデーション、購入して初めて手にした時には心が震えたものです…!!)
3DSLL(神トラ2に合わせて発売された、ゴールドのゼルダカラー。実はこれの前にもホワイトの3DSLLを持っていたのだけど、ゼルダ版を買うので格安で友人に譲りました。きっと中古屋さんで売った方が高かっただろうけど、友達から高いお金は受け取れないし、それにどんな人が買うか分からない中古屋さんよりも大事にしてくれる友達に使ってもらった方が嬉しいからです。機械と言えど、ゲーム機には一緒に過ごした思い出が詰まっているので´ω`*)
New3DSLLゼルダ無双3DS版に合わせて発売された、ゴールドのゼルダカラー。ゼルダカラーだから欲しかったのと、どうしてもamiiboスマブラで使いたかった為にNew3DSが欲しかったので購入しました。今のメインのお出かけの相棒です☆)

…という感じで、計10台になりました。あれ?思ったより多いなw当然、英会話クラスの皆さんからつっこまれまくりました^^;でも、ゲーマーならこれくらい普通だよね?私はゲーマーの端くれではあるけど重度のゲーマーと言うほどゲーム漬けではないし、オタクと呼んでも良いほど知識も無いし実力も大した事は無いから、自分のオタ度は「ライトゲーマーではなくそこそこのゲーマー、ヘビーゲーマーの一歩手前で、オタクにはなり切れない半端なやつ」程度だと思っていました。会社に入ってからはネト充ですらなくなったし(勿論リア充とは程遠い、というかリア充になりたいとは全く思わないですよw)、ゲーム好きならこの程度の数のハードウェアは自然に溜まってくるよね!?
でも実は、「自分のゲーム機」という意味ではこれで全てではなくて、この他にもクラブニンテンドーの復刻版ゲームウォッチ(ゲーム機として楽しむというよりゲームの歴史を感じるためのものだし、さすがにこれはカウントしなくて良いよね?と思ったので数えなかった)、実家にはGBCSFCN64GC(据え置きは全て弟との共有)などがあったり。ポケットピカチュウなんかの「ゲーム機というよりはホビー」みたいなのは数えなくても良いよね?※今からだと入手しづらい上に使う機会が少ないが、発売当時はGBミクロに凄く憧れていました。今でもちょっと欲しいけど、今からだと本体が高い割にソフトも入手しづらいんだよね。。。
英会話クラスでは茶化して答えたし、先生には「そんなに持ってるんだったら、新しいの(Switch)買わずに今持ってるので遊べよ!」って言われちゃったけど、無論私は新しいゲームを買わずにはいられないし、過去のゲーム機を捨てる訳にもいかないのです。ゲーマーでない方には恐らく分からない感覚だろうとは思うけれど、私にとって過去のゲーム機はいつも一緒に過ごした思い出であり、たくさんの冒険をして喜びや感動を共有した友達のようなものであり、時代の進化や変遷を教えてくれた「当時の最新鋭」なのです。過去のゲーム機を、もうきっと二度と使わない(特に、VCでほとんどのタイトルが配信されちゃうような場合と、GBCGBAのように好きなソフトに電池が内蔵されていることがある場合)のにずっと保存しておくのは、思い出写真のアルバムを大事に取っておくことと同じことなのです。そして思い入れがあるからこそ使わなくなっても大事にしてあげたいので、気に入っていた本体を中古屋さんに売るのは寂しいのです。(特に、DS以降の携帯機は売りづらい。ゲーム機を破壊して楽しむ人々が世の中にはいるので、自分が使った本体をそういう末路にさせるのはかわいそうだし、中古屋さんを介して恋愛ゲーム系のユーザーに渡ったりするとあまり想像したくない使われ方をするし…;;最悪の場合、マジコンやPARのように、犯罪の片棒を担がせてしまう可能性も)
…なーんて、長々と書いたけど、こんな事に納得できるのは多分ゲーマーだけ(それも長年やっている、中程度~重度以上のゲーマー)だけだろうし、非ゲーマーの方々に分かってもらおうとは全く思わないけどね!その「知っている人にしか分からない感」があるからこそゲーマー同士のゲーム話は面白く、ゲーム以外の話題ではあまり生まれないような謎の共感が生まれるのです。ただ、女性、しかも大人ともなると、さすがにゲーム好きはかなり少ないので同士は身近にはあまり見つからないというのが難しい所だけどね…。単にオタク系でゲームもする人という意味だと結構多かったりするけど、「ゲームにキャラクターやシナリオだけではなく、ゲーム性も求めるゲーマー」みたいな方向の人は、女性ではほとんど見かけないので。バトルシステムやゲームシステム全体の良し悪し、シリーズの変遷、サウンド・グラフィックの歴史なんかについて語れる友人は貴重です☆